FC2ブログ
恋愛テクニックや体験談などの恋愛コラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モテる技術 ソフトバンククリエイティブ (2008/7/17) モテる/モテないは天性のもの、自分は一生モテないままなのだ、とモテない男は思い込んでいる。そうではない! モテる/モテないは「技術」なのだ。カリスマ・デーティング・コーチが伝授する「モテる」技術の集大成が登場。
モテる技術 小学館プロダクション (2002/04)
恋愛で失敗を繰り返すと、「自分には何か根本的な欠点」があるのではないかと考えたり、「モテる」「モテない」は天性のもので自分はモテないまま過ごすのだ、と考える…。本書は、そんな思いを抱く男性諸氏のために書かれた本である。著者は言う。「モテる」「モテない」は技術であると。その考えに沿って、その技術の習得のしかたや恋愛のルールが「どこで女性に出会えるか」「ベッドで理想の男になるために」「女性に攻撃されたとき」といった15章にわたって詳細に書かれている。
たとえば「どこで女性に出会えるか」の章では、料理教室や台所用品コーナーといった「秘密の場所」をあげ、街なかでは「高さが1メートル以上はありそうなぬいぐるみ」を持ち歩く、といった意外性のなかにも、論理的で実行可能な技術がいくつも紹介されている。

ただ「常に複数の女性を追いかける」など、一見すると抵抗をおぼえたり賛同しかねる部分もあるかもしれない。また、意中の人との恋が成就しないという悩みを抱えているのであれば、このルールは、あまり意味のないものにも思える。しかし、本書を読み進めていけばわかるように、そういった考えこそが「モテない」男性をそうたらしめているものなのである。

ダンテがベアトリーチェへのかなわぬ思いを胸に「神曲」を完成させたように、かなわぬ恋を前進のエネルギーにした例は多くあるが、本書では失恋をバネに「前向きに生きよう」的な慰めをしているわけではない。また、単純な「女性の口説き方」の本にもなってはいない。

「女性にモテるかどうかではなく、自分の生き方に自分の価値を見つけられる」かどうかが大事なのであり、「自分が望む生き方ができるように人生を設計すること。そこに女性が含まれていようが、含まれていまいが関係ない」。こんなふうに新鮮な視点を提示してくれるところが、本書の最大の魅力だろう。(長谷川和彦)

内容(「BOOK」データベースより)
カリスマ・デーティング・コーチが贈る、究極のハウツー・ラブ&サクセス。あなたに必要なものは、ちょっとした行動力と技術なのだ。

内容(「MARC」データベースより)
「なぜ、あんなヤローがモテるんだ」と思ったら、コレ読んでがんばれ! 「カリスマ」・デーティング・コーチが贈る、究極のハウツー・ラブ&サクセス。必要なのはちょっとした行動力と技術なのだ!

出版社 小学館プロダクション 編集部
出会いの場が氾濫する今、必要なのはモテる技術! 出会いのみを求める時代は、もう終わりました。メール、サイト、合コン・・・そこから、いかのチャンスをモノにするか?この本が売れ行き好調な理由は、そう考える男性が増えてきたからであると考えられます。
たとえば、サッカーーをするには「ボールを蹴る技術」が必要なように、モテるためには、「モテる技術」が必要なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。